三井ホームで建てる理想の家

約100坪の土地に延床面積71坪。
三井ホームにてフルオーダー2世帯住宅ができるまでを綴ったブログです。
こだわりはシアタールーム・防音・全館空調・太陽光発電・間取り等々。
今後マイホームを検討している方にとって少しでも参考になれば幸いです☆

太陽光発電~その3~

こんばんは、ハヤトです。


太陽光発電をどこの会社に施工してもらうか迷い続けて早2ヶ月。
ようやく決断できたのでご報告します。


結論から言うと三井ホームにお願いする事になりました。


理由は3つ。


1.他社施工すると三井ホームの屋根保証が無くなる
2.住み始めた後に分電盤の取り換えや配線工事が必要となる
3.他社施工だとパナソニックが選べない


それぞれ詳しくお話させて頂きます。


まず1つ目。
太陽光発電を設置するには、屋根に何箇所も穴を空けて架台を取り付けます。
屋根に穴が空くと言う事は、すなわち雨漏りの原因になったり、屋根自体の劣化リスクが考えられます。
施工会社独自の屋根保証はあるものの、三井ホームの保証が無くなるのはやはり心配。
…万一施工会社が無くなってしまったら完全に泣き寝入りです(><)


次に2つ目。
今回の建築エリアでは既存住宅にしか太陽光発電の補助金が出ない事情もあり、
他社に依頼するなら家の引き渡し後になります。


営業マンHさんによれば三井ホームでは、太陽光発電機器の後付けを見越した分電盤の設置や、電気の隠ぺい配線はできないとの事。


つまり建築中に取り付けないと綺麗な仕上がりにならない可能性大。
最初に取り付けた(太陽光発電非対応の)分電盤は即無駄になってしまう。
…更に言えば新築直後の家に穴を空けたり配線されるのは、精神衛生上よくないなーと思いました(^^;


最後に3つ目。
三井ホームの屋根材(野地板のOSB板)の事情により、他社施工の場合はパナソニック製品の設置ができない。


太陽光パネルの特性を調べた結果、性能の優れたパナソニックを採用したかった。


なぜ三井ホームの直接施工しかパナソニック製品の設置ができないか。
家電量販店エディオンにてご対応頂いた方のお話では、パナソニックが取り付け専用金具をを三井ホームにしか提供してないからとの事でした。


以上、太陽光発電施工会社決定までの経緯でした!



最後に複数の見積もりを取った中で印象に残った会社について記載しておきます。


三井ホーム:パナソニックHIT245α 3.92kwx2世帯分(太陽光モニターやパワコン2台ずつ)
機器一式&屋根設置費用 2,280,000円+電気工事費 250,000円=2,530,000円(税込2,732,400円)
(屋根材が瓦からスレートになったため、4月時点の見積もりより約20万程安くなりました)


yh株式会社:HIT247αプラス 3.92kwx2世帯分(太陽光モニターやパワコン2台ずつ)=2,111,111円(税込2,280,000円)
2,280,000円-196,000円(補助金)=2,084,000円
(ただし上でお伝えした様に三井ホームの屋根にパナソニック製は取付け不可)


仮に補助金が無かったとしても価格差約45万円。
yh株式会社は、人件費を相当削って安価を実現させている会社のようです。
しかしながら、対応して下さった社員さんのメールや電話対応はとても良かったです!

7社見積もりを取った中で最安でした。
これから太陽光発電を考えてる方には、十分検討価値のある会社だと思います。


また、エディオンも施工実績豊富でハウスメーカーの屋根特性をよく理解している上に、保証関係もしっかりしているので、実際に施工してもらっても高い満足度の得られただろうと感じてます(^^)


最後までお読み頂きありがとうございまいした。
ナイスクリックして頂けると幸いですm(_ _)m

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。