三井ホームで建てる理想の家

約100坪の土地に延床面積71坪。
三井ホームにてフルオーダー2世帯住宅ができるまでを綴ったブログです。
こだわりはシアタールーム・防音・全館空調・太陽光発電・間取り等々。
今後マイホームを検討している方にとって少しでも参考になれば幸いです☆

着工72~76日目 外壁・内装工事

こんばんは、ハヤトです。


早いものでもう2017年も9月になりました。
暦の上は秋となる月ですね。


暫くブログ更新できていなかったので、数回に渡ってその間あった工事内容について簡潔にまとめていきたいと思います。


まずは8月17日~21日です。
こだわりのマホガニー無垢材床が完成してました!!

凄く綺麗ですよー\(^o^)/♪


床に付箋紙の様な紙が沢山立てられてます。

・・・何の為だろう?
不思議に思ってフレンドリー大工Fさんに質問。
これらの紙は板の隙間を正確に把握するための処置だそうです。

大工さんによっては、目利きで済ます人もいらっしゃるそうですが、
Fさんは正確な施工の為にこの方法に辿り着いたとの事。


続いて外壁への「スーパーファインクリート」左官。

細密充填を実現した『スーパーファインクリート』は、一般的なモルタルと比べると収縮率も吸水率も1/3以下に抑制できるため、水の吸水やひび割れの発生を防ぐことから、高い耐久性を確保できるのが特徴です。
(文章は公式からそのまま転載させて頂いてます)


外壁アクセントの柱に防水シートが貼られてました。
こちらの柱は建築士Iさんのデザインに対するこだわりで実現しました♪
シンプル外観を要望したため平面になりがちでしたが、建物正面デザインへの良いアクセントになってます。

部屋の床材も完成してました。
こちらは突板のため(合板の上に薄く天然木が貼られてます)、無垢材の1/3程度のコストで済みますが、ご覧の通り綺麗な床が実現可能です(*^-^*)

無垢材と突板の価格差は、原価の大きく異なる点が主な理由ですが、大工さんによれば無垢材の方が施工の手間も随分掛かるそうです。


下の写真を見て頂くとお分かり頂けますが、床へ一度に貼れる面積が3倍以上なんです…!
無垢材(左)  突板(右)



天井には穴が開けられてました。
確か全館空調のメンテナンス用の物だったと記憶してます。



更新ペースが落ちてますが今後もごゆるりとお付き合い頂けると幸いです。


ブログへ訪問して下さってる皆様に感謝!
最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。