三井ホームで建てる理想の家

約100坪の土地に延床面積71坪。
三井ホームにてフルオーダー2世帯住宅ができるまでを綴ったブログです。
こだわりはシアタールーム・防音・全館空調・太陽光発電・間取り等々。
今後マイホームを検討している方にとって少しでも参考になれば幸いです☆

着工53日目 シアタールームの打ち合わせ!

こんばんは、ハヤトです。


24日の夕方、インテリアコーディネーターIさんからお電話を頂きました。
お題はシアタールームの間接照明について。


スクリーンBOX後部に間接照明の設置を希望してますが、壁からスクリーンの隙間が僅か10cmしかありません。
プロジェクターからの投映距離を確保しようとすると、壁面ギリギリにスクリーンを設置する必要があります。
・・・自分の中で優先順位は、スクリーンサイズ>間接照明なので、設置が物理的に無理なら諦めるつもりでした。


できる事なら実現させたい間接照明。
ムード満点でカッコいいんですよねぇ…
(この写真ではスクリーン左右のほのかな光が間接照明です↓)

Iさんからは現場監督Yさんに実際の現場を検証しながら再確認して頂ける事になりました。


Iさんとのお電話の中で「実は本日アバックさん(シアタールームの設計を依頼してる会社)とYさんが現地打ち合わせしますよ」とのお知らせ頂き、
「是が非でも参加せねば!」とお邪魔してきました☆



まず現地に着くと三井ホームの垂れ幕(?/正式名称分かりません)が!
キャッチコピーは「暮らし継がれる家」。
末永く住める家って事を意味しているのでしょう。


ふむふむ、中々良い感じですねぇ~!(笑)

↓こちらの「オーダーメイドの歓び」も三井ホームの体を現してるので好きです(^-^)


垂れ幕は側面にも掲げられてますが、右上が外れてしまった模様。

かなり高所なので結び直すのは難しそう…
まだ完成まで暫く掛かりますし、企業イメージを表すものなので直されるでしょうね。


さて、入口をくぐって大工さん達の元気な挨拶を受けながらシアタールームに到着すると、
アバックAさんとYさんが絶賛打合せ中。

防音・配線・スピーカー・コンセント配置等に関する的確なアドバイスを頂けました。


私自身も窓の遮光はカーテンにするとレールがプロジェクターに干渉する恐れがあるので、
ロールスクリーンがいいですよとか色々教えて頂きました(*'▽')
こちらはシアタールームの窓↓
防音と遮光の観点から小さめの物にしてもらいました。

こちらは寝室です↓
この前の記事でも書きましたが窓から見える緑に癒されます♪


ふと天井面を見上げると、ドルビーアトモスやサラウンドスピーカー用のプレートが!

更に足元にはスピーカー配線やコンセント用のボックスが取り付けられてます。

お部屋の完成が楽しみっ!\(^o^)/



上記ソフト、3Dマイホームデザイナー12で自作したお部屋イメージがこれです↓
    (スピーカーがタンノイっぽいけど実際はB&W社の物を設置します)

記念すべき最初の1作目は何を見ようかな~?
名作「ターミネーター2」、大好きなブルース・リーの「ドラゴンへの道」、それとも
ここは大ヒットした「君の名は」かっ!

妄想が風船の如く膨らみます(笑)
・・・気の早過ぎな自分がいました(;^ω^)


店舗からわざわざご出張頂いたアバックAさんを最寄り駅までお送りしましたが、車中でも映画のお話で盛り上がり~♪


いやはや、楽しい1日となりました(#^^#)


本日も最後までお読み頂きありがとうございました!
バナークリックやナイスして頂けると励みになります♪


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。