三井ホームで建てる理想の家

約100坪の土地に延床面積71坪。
三井ホームにてフルオーダー2世帯住宅ができるまでを綴ったブログです。
こだわりはシアタールーム・防音・全館空調・太陽光発電・間取り等々。
今後マイホームを検討している方にとって少しでも参考になれば幸いです☆

☆Web内覧☆ 寝室

こんばんは、ハヤトです。


12月4日より遂に外構工事がスタート!


現場写真を撮る作業を懐かしく感じました(*'ω'*)
そして敷地まわりをフォトショップでぼかす作業も久しぶりです(笑)

外構は4社程お話を聞いたり見積もりを取った結果、愛知県を拠点とするこちらの会社にお願いする事になりました。

年内に無事完成すると良いのですが。


さて、本日は寝室をご紹介します。


広さは約8帖。
木質天井のハーモシーリング。
壁に珪藻土クロス。


システムボードと壁面収納はパモウナです。
こちらの家具も三井ホームのインテリアフェアで購入しました☆


クレーンゲームの上手い友人に取ってもらったリラックマが2匹います(笑)

新築でありがちな事だと思いますが壁に穴を空けたくないため、時計もシステムボード上に置いてます。

天井のダウンライトは、中央のみ調光可能です。
寝転がっている際に眩しい~ってならずに済みます。
また全てのライトの色味を変更できる物(DAIKO製よくばりダウン)を選びました。


寝室の木質天井は落ち着いた雰囲気になるのでお薦めですよー♪
こちらの商品、住友林業のモデルハウスでよく見かけますが、フルオーダーメイドを誇る三井ホームでもオプションにて対応可能です!

気密性が高いからでしょうか、部屋に入ると置いた花の香をほんのりと感じます☆


そうそう、カーテンはインテリアコーディネーターIさんからご提案頂きましたが、
最終的に街のカーテン屋さんで購入しました。


コーディネーターさんに選んでもらった場合とハウスメーカーを通さずに購入した場合の違いについて簡単にご説明させて頂きます。


ハウスメーカーにカーテンをお任せすると、部屋の雰囲気に合った物を選んでくれるのは勿論、カーテンが取り付けられた状態で引き渡しされます。
また、カーテン費用も建築費に含まれるため、住宅ローンに組み込む事ができます。


例えば皇室ご用達の川島織物製の商品や、輸入品では1窓で10万以上するカーテンも存在します。
・・・高価なだけあってデザインの凝り具合や生地が普及品とは別物です(^_^;)


自身で直接用意すればカーテンレールも含めて原則引き渡し後の取り付けとなりますが、
ハウスメーカーの利益が乗らない分安価です。


ちなみに今回のカーテン代は、三井ホームの見積もりより10万程度安くなりました。
どこを節約してどの部分にお金を掛けるかのやりくりも家作りにおける醍醐味かと思います。


本日も最後までお読み頂きありがとうございました☆

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。