三井ホームで建てる理想の家

約100坪の土地に延床面積71坪。
三井ホームにてフルオーダー2世帯住宅ができるまでを綴ったブログです。
こだわりはシアタールーム・防音・全館空調・太陽光発電・間取り等々。
今後マイホームを検討している方にとって少しでも参考になれば幸いです☆

着工37日目

こんばんは、ハヤトです。


今週は台風や雨の影響で作業のできない日もあった様ですが、
基礎コンクリートから上の工事が進んでました。


まずBS土台スペーサーの設置
これは建物下の通気口の役割を果たします。

スペーサーをぐるりと基礎全体へ設置する事により土台全体が5mm程度間隔毎の細かい通気口ができます。
これで建物の基礎全体への通気もバッチリ♪


6日に現場へ着いた際は、丁度BS土台スペーサー上に4x6集成材土台の取り付け作業が行われていました。


集成材をよく見てみるとの商品名が書いてあります。
DMB「AQレッドどーだい

家電製品にもありがちですが、何故かダジャレっぽいネーミング(^^;
まぁ確かに赤松の土台だよね…(笑)

集成材にビッシリついた細かい穴は、防腐・防蟻処理を中まで浸透させる処置だそうです。
スペーサー隙間から侵入するシロアリへの対策でしょうね。


集成材は基礎コンクリートとガッチリ固定されています。
アンカーボルトがごつい金物で絞められているのが分かりますね。


…見るからに頑丈そう!


また、資材置き場では巨大な発泡スチロールの様な物が山積みされていました。

おそらく床下用の断熱材でしょう。


更に奥にはブルーシートで覆われた荷物が見えます


こちらは集成材の上へ貼る床材と予想!


明日7日は七夕ですが、珍しく晴れの予報。
雨が降らない内に床材貼りが無事終わるといいな(*'▽')♪


さて、工事が始まって早一か月が経過しました。
三井ホームの現場はいつも整理整頓がしっかりされていて気持ちが良いです!
また工事中に発生したゴミ類もきちんと分別されてました。


この様な姿勢が工事の仕上げ精度にも関わってくるのでしょうね。
ありがたい事です\(^o^)/


今週は駆け足でのまとめとなってしまいましたが、
最後までお読み頂きありがとうございました!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。